「感謝」という言葉の真逆というものを考えた事がございますか。それは「あたりまえ」です。目が見える事。会話が出来る事。食事が出来る事。触れることが出来る事。歩くことが出来る事。仕事が出来ている事。家族や友人、同僚などが近くにいてくれること。勉強が出来る事。などいろいろございますが、このような日常の「あたりまえ」に日頃から感謝している人は少ないのではないでしょうか。
どれ一つ欠けたり失ったりすると、非常に不便を感じたり不安に陥ったりします。その時初めて、普通に出来ていたことや存在していたことに「有難み」を強く感じます。
 そういった状況になってからではなく、日常からこのような事に感謝を意識することで日々の不満などが解消されます。感謝の念が強いと人としてより魅力的な存在に成長していきます。そういった仲間が増える事により習志野青年会議所がより素晴らしい団体に成長します。それは「明るい豊かな社会の実現」を目指す上でも重要なことです。
 また今我々がこの青年会議所において運動が出来ている事も、当たり前ではございません。先輩諸兄の皆様が長きにわたり築き上げてきた習志野青年会議所の歴史と熱き想いが継承され続けてきた過去があるから今があります。今運動が出来る事に心から感謝はもちろんのこと、日常の当たり前に感謝を忘れず助け合い互いが切磋琢磨し目標に向かって、明るい未来に向かって邁進しましょう。

2017年度 理事長 吉田 雅志 拝
NEWS
 
2017-08-14
8月例会現状報告&例会の案内を更新
8月例会の現状報告と 9月例会までの案内を更新いたしました。 ご確認ください!
 
2017-08-01
第4回 親子アドベンチャーフェスティバルについてご報告
8月例会「第4回親子アドベンチャーフェスティバル」では募集数50チームの所、ご応募総数452名...
 
2017-07-11
例会の案内を更新!
  7月例会、8月例会の更新をいたしました。 また8月例会においては特設ページを作成しました...
活動報告
2017-10-28
平成29年度 習志野市福祉ふれ...
平成29年度 習志野市福祉ふれあいまつり本日の柏で開催する会員会議所会議の前に立ち寄らせていただきま...